抜け毛の季節

まびこは抜け毛の季節真っ只中であります。
走り回っているだけで毛が空中に舞い、後ろ足で身体をかきかきしてるとゴッソリ毛が抜けるのでした。
抜け毛が多い時期の対策としては、毎日2回ラバーブラシでブラッシング後、仕上げに残りの貼りついた毛をコロコロできれいにからめとります。
ブラッシングをする時、まびこにブラシを見せながら、『“すきすき”するよ!』と声をかけます。余談ですがなぜ『すきすき』なのかと言いますとそれは、ブラッシングの事を”髪の毛を梳く”という意味から、我が家では『すきすき』と言っています。
ブラシは、ラバー素材なので毛がよく取れます!毛がラバーにくっつき易い為、力を入れて過ぎてしまうと毛を引っ張るような感じになり、痛そうにしています。なので、優しくソフトにスーという感じでブラッシングしていきます!

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
只今、ブラッシング中!
スコティッシュフォールド,猫,まびこ
ブラシング後

まびこのお楽しみは、何と言っても仕上げコロコロです。コロコロでブラッシング後の毛をきれいに絡めとり、そして粘着力がなくなってきた頃、コロコロで全身をマッサージします。頭をコロコロするとうっとりした顔になります。

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
仕上げのコロコロ気持ちいなぁ(●´ω`●)

そして最後は、コロコロの紙を丸めて、ボールを作り投げてあげると、一心に紙のボールを追っかけていきます。投げた後は『ニャー』と鳴いてまた投げてほしいとアピールします。たまぁーに気まぐれではありますが、咥えて私のところまで持ってくることもあります!
何度か投げて遊ばした後は、サッカーのように前足で紙のボールを蹴ったり、じゃれついたりして一人遊びを始めます。
ゲージや、ベッドの隙間に入れてしまい、自分で取れなくなってしまわない限り、かなり長い時間遊んでいます!

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
コロコロの紙くずボールを追いかけて
スコティッシュフォールド,猫,まびこ
TAKE2

ブラッシングの後はお楽しみがいっぱいなのでした♪

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
最後はお決まりのラッコポーズ♪

恋の季節

まびこは子猫の頃からあまり鳴かない静かなレディでした。
うちに来た時は2、3日トイレの中に籠りっきりの時も、キャットフードはおろか、水も飲まない、鳴きもしない。で、本当に心配しました。
それでも徐々に慣れて、今では「まびこ!」と声を掛けたら、3秒の間を置いて、「にゃあ~ぁ」と返事をしてくれるようになりました。
(まびパパが声を掛けても、返事をしてくれないのは、なぜでしょう?)

まびパパの呼びかけに対し、知らんぷりなまびこ

うちは完全室内飼いで、家の外はもちろん、ベランダにもまびこを出さないのですが、
冬の間締め切っていた部屋を、春の陽気に誘われて窓を開けていると、
普段しゃべらないまびこが「にゃぁ、にゃぁ」と騒がしく鳴きます。
「まぁ~ちゃん!どしたの?」と聞いても、鳴きやまずにすり寄って来たり、走り回ったり。
うちに来てすぐに避妊手術はしたのですが。
恋の季節なのかなぁ?

まびパパの足の間にスリスリ♪

雑誌を読んでたり、洗濯物を畳んでいたりするとクンクンしたり上に乗ったり
決まって邪魔をしに来るまびこですが、
この間、まびパパの肌着を畳んでいた時には、クンクンしたあとスリスリしているうちにヒートアップ!
もうずっと悶絶していてびっくり!

パパのシャツの匂いが大好き!
パパのシャツ(肌着)は、わたしの物よ!
パパの肌着の上で悶えちゃう(⋈◍>◡<◍)。✧♡
肌着の上で疲れてネンネZZZ。。。。

うちの中にオスはまびパパしかいなくてごめんねぇ。
恋の季節なのかなぁ?

「猫の恋」とは、春の季語だそうです。
春の発情期を迎えた猫の行動を指すそうで、正岡子規も「おそろしや石垣崩す猫の恋」と詠んでいます。
現代の俳人・大木あまりさんも「恋猫や世界を敵にまはしても」と詠んでおり、
おっとりまびこにも激しい感情があるのでしょうか?

まびラッコ

普段から愛くるしいしぐさを見せてくれるまびこです。
猫の中でもスコティッシュフォールドは「スコ座り」が有名で、英語では、座禅を組むお釈迦様にちなんで「ブッダポジション」(Buddha Position)と言うそうです。
まびこもうちに来てしばらく経った頃から「スコ座り」をしてくれるようになりました。
冬毛になってフモフモの状態では、お釈迦様ではなく、お相撲さんのドスコイって感じです。

スコティッシュフォールド、猫
スコ座り

「スコ座り」もかわいいですが、いちばんのお気に入りは、なんといっても「ラッコポーズ」です。
さっきまで走り回ってたと思ったら、急に静かになったので、「ま~ちゃん!どこ~?」って探したら、独り廊下の端っこで「ラッコポーズ」。
「こんなとこでラッコちゃんしとったん♪」こんなポーズで見つめられると、おなかにダイブしちゃいます。

スコティッシュフォールド、猫
丘ラッコ

誰も教えて無いのに、そんなかわいいポーズどこで覚えたん?他の人のブログでも、この「ラッコポーズ」がたくさん紹介されてました。
スコティッシュフォールドは自然とこんなポーズをとるんですね。軟骨が柔らかいから、たまに伸ばしたくなるんでしょうか?成長する中で骨の病気になりやすいと聞くので、定期的に主治医さんに診てもらってますが、いつまでも健康で長生きしてほしいです。

ちなみに「ラッコ」はアイヌの言葉だそうです。英語では「Sea Otter」(海のかわうそ)。
折れ耳でまあるいお目目なので、顔もラッコやかわうそに似てる?他にも「たぬき」になったり、「ト」になったりかわいい仕草をご紹介していきますね。

スコティッシュフォールド、猫
狸のようなまびこ
スコティッシュフォールド、猫
カタカナの『ト』