セミの鳴き声

最近、セミの鳴き声が一層大きくなってきました。けたたましい鳴き声を聞くだけて、更に暑く感じます(~o~)
夏、真っ盛りですね!

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
今日も、頑張って鳴いてるわね~

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
まびブームのNクールでひんやり♪

先日、マンションのエントランスにセミが迷い込んでいました。暑いので、早く家に上がりたいのですが、怖くて近づけません(@_@;)扉を開けても出ていく気配はなく、逆にこちらに向かって飛びかかってきたので、逃げ惑うまびハハ。
しばらく逃げ惑った末、蝉は外に羽ばたいて行きました!間近で見ると、大きくて羽を高速でバタバタ震わせて動きも速いので、ホント怖かったです。

子供の頃は、虫取りをして遊びましたし、セミもバッタもトンボも大丈夫だったのですが、大きくなるにつれて、触れ合う機会がなくなると、びっくりするほど苦手になっていました。
あの時、少しだけパニックを起こしましたが、冷静になると、なぜあそこまで驚いてしまったのだろうと不思議でしかたありません。

そんな事を思い返しながら、セミの声に耳を傾けて、大好物のスイカバーをいただくとしましょう♪

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
大好物のスイカバー

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
暑いときにはコレ!

「また、お母さん一人だけで美味しそうなもの食べてる」とまびさんが目で訴えてきます。

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
私の分は(・・?

余談ですが、スイカバーと一緒に、パインバーも買いました!こちらは後日いたたきます(^_-)

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
美味しそうなパインバー

夏★真っ盛りですので、熱中症にはくれぐれも、気を付けてくださいね!

一足早い!土用の丑(^^)v

今年の土用の丑の日は7月25日(火)と8月6日(日)の2回あるそうです!

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
牛、うなぎどっち??

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
うなぎを食べる日です!(^^)!

まびハハ&まびパパは共にウナギが好物ですので、年に1度は、いただいています。

食べるタイミングは、必ず土用の丑の日という訳ではありませんが、夏になったら食べます(*^_^*)

そして、土用の丑の日を待たずして、ひと足早くうなぎをいただきました!

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
美味しく頂きました♪

年に一度なので、スーパーで一番いい物をお買い上げ(^v^)

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
私のはないのかよぉ<`ヘ´>

昔、ウナギは秋から冬にかけてが旬であり、夏の間はウナギが売れなかったそうです。困っていたウナギ屋さんに、平賀源内が「本日丑の日」と店先に貼ることを勧めて、そのことがきっかけで、『う』が付く物を食べると夏負けしないと言われるようになり、夏に食するイメージが定着していますね。まさに、平賀源内の入れ知恵のおかげです!

今は、日本では天然のウナギが捕れなくなり、スーパーなどで売られているものは、国産の場合は養殖、もしくは中国産になりましたね。しかし、養殖の場合は、徹底した温度管理のもと育てられているので、季節に関係なく味の違いは無いそうです!
昔は、養殖という技術もなかったので、旬を過ぎると美味しさも随分と違っていたようですね。

いつ食べても、美味しい時代に生まれてきてよかったです!

クッションカバー作成♪

今回は、まびこの事ではなく、まびハハの事になりますが、久々に新しいクッションカバーを作成しました!

リサラーソンの猫がプリントされた生地を使用しました。

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
クッションカバーに映える大きめプリント

以前、裁縫用接着剤の「裁ほう上手」で作ってみましたが、中にクッションを入れると、厚みで生地が引っ張られて接着部分が剥がれやすくなるので、今回はミシンを使って作りました!

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
愛用のジャノメミシン

下糸と、上糸のセットに少し手間取りましたが、これさえできれば、あとは縫うだけ(*^_^*)
ミシンを箱から出したら、すぐにまびさんが箱の中へ。

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
箱があればすぐに入ります!

まずは、赤い生地のクッションカバーが縫い終わりました!まだ、中にクッションを入れていないのに、カバーの上に乗っかるまびさん。

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
これ、私の?

薄いベージュの方も縫い終わり、カバーが完成しました。

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
猫の柄が可愛い(*^^)v

中にニトリで購入したクッションを詰めていきます。

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
ニトリの羽クッション

完成はこちら!

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
まびさんに仲間ができましたw

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
猫グッズが増えてうれしいです♪

また、可愛い生地を見つけて、何かイイものが出来たらお披露目したいと思います(*^_^*)

『猫の手、貸します 猫の手屋繁盛記』感想

先日、夏の文庫フェアで購入した、著者かたやま和華さんの「猫の手、貸します 猫の手屋繁盛記」が読み終わりましたので、今回はその感想をお伝えしたいと思います。

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
かたやま和華「猫の手、貸します」

こちらの記事も合わせてご覧ください!夏の文庫フェア

この作品のあらすじは、ある事情で白猫の姿になったしまった旗本の跡取り「宗太郎」が、人間の姿に戻る為に奮闘します。人間に戻る為には、善行を積むことが条件であり、裏長屋でよろず請け負い家業「猫の手屋」を営み、ネズミ退治や、幽霊供養など、色々な依頼や相談をうけて、人の手助けを行い、善行を積んでいきます!

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
猫の手を貸してほしいですって?

読んだ感想ですが、宗太郎が行う善行の内容よりも、宗太郎を取り巻く人間関係が面白く、主人公の宗太郎のとても生真面目なキャラクターもそうですが、裏長屋の人々や、猫の手屋の依頼で関わった人たちの生活や人柄が細やかに描かれていて、どのような暮らしをしていたのか頭に浮かんできます。また、互いにお節介を焼きたがる人情的なところも江戸っ子特有なのかなと思いながら、楽しく読み進める事ができました。
ハラハラする要素はなく、とてもほのぼのとした一冊でした!

しかも、猫の姿なのに、二足歩行で背丈も人間の時のままで、完全なる猫の姿ではないので、化け猫に間違われたりもしますが、奇想天外な姿にも関わらず、裏長屋の人々は怖がるどころか、とても友好的で好んで世話を焼きます。猫太郎さんや、猫先生など各々、勝手な呼び名で宗太郎のことを呼んだりしていて、ほっこり癒されます。

この『猫の手、貸します』はシリーズになっており、『化け猫、まかり通る』、『大あくびして、猫の恋』、『されど、化け猫は踊る』と続きます。宗太郎を取り巻く人間模様を楽しみながら、どのような善行を積んで人の姿に戻るのか、見届けようと思います!

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
今、綺麗にしますからちょっと待ってください!

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
念入りに綺麗にします。
スコティッシュフォールド,猫,まびこ
もうちょっと、待ってね!
スコティッシュフォールド,猫,まびこ
それで、何するの?

まびパパの禁煙

まびパパは今、禁煙しています。

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
まびパパの禁煙を全力で応援します(^^♪

もともとまびパパは1日10本程度のライトスモーカーでしたが、念願のまびこを迎え入れるにあたって、まびパパは禁煙を決意したのでした。
だって、マンション購入、賃貸の部屋からの引っ越し、まびこグッズ購入・・・結構な出費でしたよ。それなのに、もし、たばこの臭いなんかでまびこに嫌われたら、とっても悔しいでしょ!

職場ではまだスモーカーが何人かおり、仕事の合間、会議の直後、仕事の帰りや飲み会など、それまでの習慣から、たばこを吸いたい気持ちが高まることがありますが、まびこを思い浮かべてググっと我慢します。
禁煙を始めて1年以上経ちますが、減っては来ましたが、いまだに、たばこを吸いたい気持ちになる事があります。いつになったら無くなるのでしょうね?

禁煙を始めてから、お酒の回数が増えたり、体重が増えたりして、まびハハからは「禁煙やめたら?」って、悪魔の囁きに負けそうになる時もあります。
食事の量や間食を抑えて、運動して体重を管理することがこれからの課題です。

禁煙外来やニコチネルパッチ、禁煙セラピーなどありますが、まびパパはどれの力も借りずに禁煙を続けています。

まびこがすりすり寄ってきてくれるのが嬉しくて、まびこへの愛情を力にこれからも禁煙を続けて行きたいです。

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
今日も暑いですね(*_*;窓際で涼んでいます!

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
空を見上げます!
スコティッシュフォールド,猫,まびこ
まびハハがエアコンを入れてくれて快適♪