猫用トイレ

まびこを迎えるにあたって、一番気を使ったのはやっぱり「トイレ」です。
事前に猫を飼っている人に聞くと「たらい型」「おまる型」「システム型」中には全自動「ロボ型」なんかもあるようです。
検討した結果、うちはシステム型の「ニャンとも清潔トイレ ドームタイプ ハローキティバージョン」にしました。
(教えてくれたNさんのまるパクリですが・・・)
すのこ状の2層になっていて尿は素通りして、受け皿のペットシート+抗菌マットでキャッチし、ウンチと尿を分離することで清潔に保ちます。
なんといってもレディですので、見られるのは恥ずかしいからドーム型がいいかな?っと思ったら、
うちに来た時は2、3日トイレの中に籠りっきりで出てきてくれなくて、心配になりました。
その時しっかりトイレを覚えてくれたのか、いままで粗相をすることもなく、気持ちよく使ってくれてます。
ハローキティの絵柄もかわいくて、レディのまびこにぴったりです。

ニャンとも清潔トイレキティ
ニャンとも清潔トイレキティ

中のチップは、「猫砂 パインウッド」です。
100%天然木の素材なので、樹木の香りと抗菌作用で、アンモニア臭はぜんぜん気になりません。
大きめのチップなので足にも付きにくくてあまり周囲に飛び散らず、外へ飛び散ったチップの掃除もしやすいです。
水分で崩れておがくずとなって受け皿のペットシートに積もるので、
いっぱい積もってるのを見ると、「まびちゃん!いっぱいおしっこ出たね~♪」とうれしくなっちゃいます。

天然木100%のパインウッド
天然木100%のパインウッド

毎朝1日1回、ウンチは流せるティシュにくるんでトイレに流し、受け皿ペットシートを交換するだけなので、ほとんど手間なし!

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。
気になるニオイについて

スコティッシュフォールド
レディーはいつも健やか♪
スコティッシュフォールド
まびこ in the BOX

スポンサードリンク

ランキングに参加しています♪
あなたの応援が励みになります!!
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

まびラッコ

普段から愛くるしいしぐさを見せてくれるまびこです。
猫の中でもスコティッシュフォールドは「スコ座り」が有名で、英語では、座禅を組むお釈迦様にちなんで「ブッダポジション」(Buddha Position)と言うそうです。
まびこもうちに来てしばらく経った頃から「スコ座り」をしてくれるようになりました。
冬毛になってフモフモの状態では、お釈迦様ではなく、お相撲さんのドスコイって感じです。

スコティッシュフォールド、猫
スコ座り

「スコ座り」もかわいいですが、いちばんのお気に入りは、なんといっても「ラッコポーズ」です。
さっきまで走り回ってたと思ったら、急に静かになったので、「ま~ちゃん!どこ~?」って探したら、独り廊下の端っこで「ラッコポーズ」。
「こんなとこでラッコちゃんしとったん♪」こんなポーズで見つめられると、おなかにダイブしちゃいます。

スコティッシュフォールド、猫
丘ラッコ

誰も教えて無いのに、そんなかわいいポーズどこで覚えたん?他の人のブログでも、この「ラッコポーズ」がたくさん紹介されてました。
スコティッシュフォールドは自然とこんなポーズをとるんですね。軟骨が柔らかいから、たまに伸ばしたくなるんでしょうか?成長する中で骨の病気になりやすいと聞くので、定期的に主治医さんに診てもらってますが、いつまでも健康で長生きしてほしいです。

ちなみに「ラッコ」はアイヌの言葉だそうです。英語では「Sea Otter」(海のかわうそ)。
折れ耳でまあるいお目目なので、顔もラッコやかわうそに似てる?他にも「たぬき」になったり、「ト」になったりかわいい仕草をご紹介していきますね。

スコティッシュフォールド、猫
狸のようなまびこ
スコティッシュフォールド、猫
カタカナの『ト』
ランキングに参加しています♪
あなたの応援が励みになります!!
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

気になるニオイについて

まびこを飼い始めて気になった事と言えば、ズバリうんちのニオイでした。
我が家の場合は、リビングの隣の和室に小窓が付いているので、小窓沿いにまびこ用の本拠地(2段タイプのゲージ)を設置し、ゲージの一番下にドーム型のトイレがあります。(リビングの近くだと、まびこの様子がすぐに確認出来るため安心。)
暖かい時期は小窓を開けているのであまり気にならなかったのですが、寒くなって来て窓を閉めっぱなししてからは、少し臭いが気になるようになりました。
飼い始めるまでに、トイレはどこに置くのがイイのか悩みました。飼育本や、インターネットでリサーチした結果、換気扇の近くがおすすめみたいでした。しかし、我が家の間取り上の問題や、まびこを迎え入れる時、猫自身のテリトリー確保のためと、環境の変化によるストレス軽減のため和室のゲージ内に置くことに決めました。(ゲージの中に水、ご飯、トイレ、寝床がある方が、子猫が探し回る手間も省けるので)

そこで、部屋にこもるこのニオイを解決する為に家電量販店で空気清浄器を色々探し回った結果、富士通ゼネラル小型脱臭機に巡り合いました。小型ですが、脱臭力は抜群でゲージのすぐそばに設置してからは、うんちのニオイは気にならなくなりました!

富士通ゼネラル小型脱臭機 DAS-15E
富士通ゼネラル小型脱臭機 DAS-15E

つけっぱなしにしていますが、音はとても静かです。ちなみに、脱臭範囲は10畳まで適用で、フィルターオートクリーン機能があり、お手入れは基本不要です。一日あたりの電気代は風量標準運転時「約3.1円」とお得です。
ともに快適に過ごすために色々工夫が必要ですね!家電も猫用品もまだまだ便利なものが沢山ありそうです♪色々、模索しながら良かった思えたものをご紹介していけたらと思います。

富士通ゼネラル 小型脱臭機
富士通ゼネラル 小型脱臭機(DAS-15E-B)
スコティッシュフォールド、猫
リラックス中のまびこ
ランキングに参加しています♪
あなたの応援が励みになります!!
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

飼い猫との意思疎通

インドア派な私の趣味はお昼寝と読書なので、外出する時はほぼ、本屋or古本屋にフラッと立ち寄ります♪
この近年、猫ブームの影響で、猫の雑誌や猫が登場する小説などのコーナーが設けてあり、ついつい目が行きます。
どこのお店でも猫コーナーが設けてあり探す手間が省けて、猫好きには有難い限りです。(猫ブームホントにすごい汗)
そして、ある本屋で西加奈子さん著書『きりこについて』に出会いました。西加奈子さん。結構前に「アメトーーク!」読書芸人で話題になっていました。気になり、購入いたしました。

西加奈子,きりこについて
西加奈子さんの『きりこについて』

ページ数も少なく、面白い話でしたので、すぐに読めました!物語にはラムセス二世という賢いオスの黒猫が出できます。なんせ賢いので主人公と会話ができ、励まし、アドバイスまでできてしまいます。(羨ましい!)、内容としては主人公が自身のコンプレックスと向き合い、自分がどういった人間なのか探求し、アイデンティティを確立するまでを描いた作品です。
自分自身の嫌なところを直視するのって、かなり勇気がいる事ですが(向き合ってしまうと自己嫌悪が続き、どうすることもできずにモヤモヤするだけで。。。)主人公が果敢に自分に向き合い最後は幸せになる姿はとてもカッコよく勇気をもらいました♪

私も、一度でイイので、まびことあんな風におしゃべりできたらいいなと思いました。ダメ出し結構!
普段から、『ニヤー』と訴えかけて来たとき、この子の要求は何かと考え、おやつかな?いや、遊んで欲しいのかな。。。と考え、大抵はその2択なのですが、たまにそのどちらでもなく、コロコロしてほしいなど違う要求の時もあります。
本当にそれで合っているのだろうか。喋れないからこそ、真実にたどり着けないという永遠のループに迷い込む次第でした!

【おもちゃで遊ぶまびこの姿】

スコティッシュフォールド、猫、まびこ
おもちゃで遊ぶまびこ

【遊び疲れてネンネ(˘ω˘)zzz。。。】

スコティッシュフォールド、猫、まびこ
ネンネするまびこ

ランキングに参加しています♪
あなたの応援が励みになります!!
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

まびこを飼うきっかけ

数年前、猫カフェが流行り始めた頃、猫好きの友人に連れられて猫カフェに行ったことがきっかけで、いつか猫を飼いたいと思うようになりました。
それと同じ時期に、大杉漣さんが主演していた『ネコナデ』という映画を見て、スコティッシュフォールドのきゃわいい子猫が出演していたので、この種類の特徴をネットで調べた結果、温厚な性格で初心者でも飼いやすい種類ということもあり、飼うならスコティッシュフォールドがいいなと思っていました。
控え目ではありますが甘えてくるところや、抱きかかえた時の滑らかな手触りや、毛並のモフモフさもそうですが、わたくし自身インドア派なので、一緒にお昼寝をしたりおもちゃで遊んだりできる点などもライフスタイルに合っていると思いました。
 

【スコティッシュフォールドを好きになるきっかけになった映画『ネコナデ』】

ネコナデ、スコティッシュフォールド
ネコナデ

去年の3月、某ペットショップにてまびこに出会いました。
きっかけは、ペット飼育可能な物件に引っ越す事になった為です。(念願かなって猫を飼うことが出来るようになりました。)
最初は、ブリーダで購入も視野に入れていたのですが、住んでいる所から見学に行ける距離に無かった為、ペットショップで見つけることにしました。
最初に行ったペットショプにはスコティッシュフォールドの子猫がいなくて、チンチラや、ソマリ、マンチカンなど飼いやすくて人気の種類がいましたが、やはりスコティッシュへの憧れが勝り、店員さんに別の店舗にスコティッシュがいることを確認して頂き、いざその店舗に向かいました!
いざ、ご対面!『きゃわいい♪』となりました。
毛色はレッドダビー&ホワイト。少し痩せていましたが、まん丸お目目で、成長すると顔もまん丸になりそうな見込みありの子でした!
 

【まびことの出会い】

スコティッシュフォールド、猫、まびこ
出会った頃のまびこ

また、まびこは、通常のスコティッシュよりもしっぽが少し短めで、しかも特にしっぽの部分は毛がフサフサしていて、ハンディーモップのようなキュートな形をしていたので、その部分もとても気に入りました!
見た目がすごく好みでしたので、あとは相性と言うことで抱っこさせてもらいました。
抱きかかえたとたん、腕を抱え込み勢いよくキックキックを繰り返し、とても元気がありました!
そして元気で、キュートなこの子にしようと決めたのでした。
 

【ハンディーモップの様なフサフサのしっぽ!】

スコティッシュフォールド、猫、まびこ
フサフサのしっぽ

ランキングに参加しています♪
あなたの応援が励みになります!!
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ