ルドルフとイッパイアッテナ

今日は、レンタルビデオショップで借りた『ルドルフとイッパイアッテナ』のDVDを見ました。猫が主人公のお話です!

この作品は児童文学作品「ルドルフとイッパイアッテナ」(作者:斎藤洋)をアニメーションで2016年8月に映画化したものです。
話のあらすじは、主人公の黒猫ルドルフは好奇心で家の外に出て誤って長距離トラックに乗ってしまい、たどりついた先は東京。見知らぬ土地で、初めて親しくなったのが、大きなトラ柄の野良猫イッパイアッテナ。
イッパイアッテナはとても教養があり、世間の事もよく理解しており、その上文字の読み書きもできるウルトラスペックな猫さん!イッパイアッテナに色々なことを教わりながら、元の家に帰る方法を探しだします。

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
DVD観賞中!
スコティッシュフォールド,猫,まびこ
食い入る様に見ています

ちなみに、ルドルフがイッパイアッテナに名前を尋ねた時に、野良猫として生きていく上で、行く先々の人々に色んな名前で呼ばれている為『いっぱいあってな』と答えたことで、ルドルフが『イッパイアッテナ』という名前と勘違いし、そう呼ぶ様になりました。
また、ルドルフと友達になる猫の中にスコティッシュフォールドの美人猫さんがいました!まびこと同じ種類なので、つい親近感がわきました。

この作品は3DCGで、猫たちの毛並みや動きが細やかに描かれており、住宅街や町並みもとてもリアリティーがあって映像がとてもきれいでした!
イッパイアッテナの言葉で「絶望は愚か者の答えだ」というのがありました。あきらめてしまうとそこで終わり。賢い者は、簡単に絶望したりなんかせず、希望を見つけ出すことができる。この言葉の様に前を向いて歩いて行きたいと思います(byまびこ)。

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
途中で眠たくなりました(-。-)y-゜゜゜

まびこを飼うきっかけ

数年前、猫カフェが流行り始めた頃、猫好きの友人に連れられて猫カフェに行ったことがきっかけで、いつか猫を飼いたいと思うようになりました。
それと同じ時期に、大杉漣さんが主演していた『ネコナデ』という映画を見て、スコティッシュフォールドのきゃわいい子猫が出演していたので、この種類の特徴をネットで調べた結果、温厚な性格で初心者でも飼いやすい種類ということもあり、飼うならスコティッシュフォールドがいいなと思っていました。
控え目ではありますが甘えてくるところや、抱きかかえた時の滑らかな手触りや、毛並のモフモフさもそうですが、わたくし自身インドア派なので、一緒にお昼寝をしたりおもちゃで遊んだりできる点などもライフスタイルに合っていると思いました。
 

【スコティッシュフォールドを好きになるきっかけになった映画『ネコナデ』】

ネコナデ、スコティッシュフォールド
ネコナデ

去年の3月、某ペットショップにてまびこに出会いました。
きっかけは、ペット飼育可能な物件に引っ越す事になった為です。(念願かなって猫を飼うことが出来るようになりました。)
最初は、ブリーダで購入も視野に入れていたのですが、住んでいる所から見学に行ける距離に無かった為、ペットショップで見つけることにしました。
最初に行ったペットショプにはスコティッシュフォールドの子猫がいなくて、チンチラや、ソマリ、マンチカンなど飼いやすくて人気の種類がいましたが、やはりスコティッシュへの憧れが勝り、店員さんに別の店舗にスコティッシュがいることを確認して頂き、いざその店舗に向かいました!
いざ、ご対面!『きゃわいい♪』となりました。
毛色はレッドダビー&ホワイト。少し痩せていましたが、まん丸お目目で、成長すると顔もまん丸になりそうな見込みありの子でした!
 

【まびことの出会い】

スコティッシュフォールド、猫、まびこ
出会った頃のまびこ

また、まびこは、通常のスコティッシュよりもしっぽが少し短めで、しかも特にしっぽの部分は毛がフサフサしていて、ハンディーモップのようなキュートな形をしていたので、その部分もとても気に入りました!
見た目がすごく好みでしたので、あとは相性と言うことで抱っこさせてもらいました。
抱きかかえたとたん、腕を抱え込み勢いよくキックキックを繰り返し、とても元気がありました!
そして元気で、キュートなこの子にしようと決めたのでした。
 

【ハンディーモップの様なフサフサのしっぽ!】

スコティッシュフォールド、猫、まびこ
フサフサのしっぽ