おしっこが出てない?!Part2

以前にも、おしっこが出てなくて、アタフタした事がありましたが、この間も、1日半以上おしっこが出てなくて、急いで病院に行きました!
こちらの記事もご覧ください!おしっこが出ていない?!

エコー検査をしてもらったら、膀胱におしっこ自体が溜まっていなかったので、尿管結石ではなくただおしっこが生成されてなかったそうです。
念のため、血液検査と尿検査をしてもらいました。
血液は正常値で、尿には細菌と潜血が少しありました。

膀胱炎の可能性もあるということで、抗生物質を処方して頂き、
食事療法として、ロイヤルカナンの『pHコントロール+CLT』を紹介してもらいました。

1週間後に再度尿検査をしてもらって、細菌の反応がないことを確認しました。
潜血は続いているのですが、残尿感や体調が悪い風でもないので、膀胱炎でもなさそうです。

それから1カ月『pHコントロール+CLT』を与えています。
以前より、お水を飲む回数が増え、その分おしっこもいっぱい出ています。
膀胱炎の予防としても、効果ありって感じです。

ただし、最近、『涙』と『目やに』がひどくなってきているようなので、キャットフードが合わないのかもという事で、別のフードを紹介してもらいました。

もうちょっと、様子見です。

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
あたちはとても元気よ!(^^)!心配ナッシングよ♪

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
( ˘ω˘)スヤァ

おしっこが出ていない?!

おしっこが出ていない?!

数日前の、出来事になりますが。。。
毎朝、まびパパはまびこのトイレ掃除を行い、大小の結果を見て健康チェックも行っています。
基本的には、小は毎日(数回)、大は1日~2日に1回の頻度です。

ある日、毎朝のようにトイレ掃除を行おうとして違和感が。。。
トイレに敷いている猫砂(パインウッド)が、全く乱れてなかったんです!
まさかと思って下のシートをチェックすると、こちらも汚れなし!!

すぐに、まびハハに報告して、二人でネットを検索すると、「おしっこが1日出ないなら、すぐに病院へ!」という文字。
新米パパ&ハハはパニックになりながら、アタフタしているのを横目にまびさんは平気な様子。

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
どうちたの?

それでも、昨日は元気がなかったような気がする。とか思い始めるとどんどん不安になってきて、
かかりつけの動物病院が開いたらすぐにまびハハに連れて行ってもらう事にして、後ろ髪を引かれる思いのまま、まびパパは出勤へ。

その後、まびハハはさらにネットから情報を得て、前日寝てばっかりで運動していないことや、水もあんまり飲んでいなかったことに思い至り、おもちゃで誘ってみると、まびは元気に遊んで水を飲んで、すぐにおしっこが出ました!
暑いからといって、だらだらしてしまいがちですが、猫にとって運動も大切なので、しっかり遊んであげたいです。

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
構えます!

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
獲物が近づいてきます♪
スコティッシュフォールド,猫,まびこ
ゴロンと上を向むいて応戦します!
スコティッシュフォールド,猫,まびこ
勢いよくダッシュ!(^^)!
スコティッシュフォールド,猫,まびこ
前足で、獲物を捕らえます
スコティッシュフォールド,猫,まびこ
体制を整えます!

今回は病気ではなかったので良かったですが、尿路結石等でおしっこが出ない場合は命に関わるそうなので、注意深く健康管理を行っていきたいです。
ほんとに心配したよ!まびしゅ!

鼻血の経過について

一昨日、まびこを動物病院に連れて行きました。前の定期検査の時に、担当の獣医さんに鼻血の件を相談し、ウイルス性鼻炎の可能性が高いので抗生物質を注射してもらいました。
二週間後にまた、薬の効果を報告しに病院に行くことになっていたので、その後の経過を報告しました。
こちらの記事も合わせてご覧下さい。スコティッシュフォールドと鼻血

抗生物質を注射してもらってからは、くしゃみが治まり出血がなくなりました。やはり、鼻炎によるくしゃみの乱発からくる鼻血のようでした。
今のところ薬も効いていて症状は治まりましたが、まだ体内に菌が残っていると、耐性がついてしまうので再発を防ぐ為に、もう一度前回と同じお注射をしてもらいました。前回から続けて注射をしたので、まびこは緊張で少し疲れてしまっている様でした。
これで、ウイルス性鼻炎の治療はいったん終わりましたので、一安心です。
一応、「アニコム」のペット保険に入っていたので、抗生物質の注射は保険が適用されました!通常の定期健診(身体測定と検診)の場合は使えません。

これからは暑くなるので、のみ・ダニ・回虫には気をつけないといけないので、1か月に1度薬を投与します。

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
ノミダニ回虫予防のお薬

首に垂らすだけなのでお家でもできるので助かります。特に夏は気をつけておきたい寄生虫の予防をしっかりしていきたいと思います。
スコティッシュフォールド,猫,まびこ
お薬の使い方

また、近いうちにお風呂にも入れてあげようと思います!お風呂の様子はまた、記事にする予定ですので、お楽しみに♪

スコティッシュフォールド,猫,まびこ
ノミダニのお薬の写真を撮ろうとした時、お約束の『おじゃま虫』♪

スコティッシュフォールドと鼻血

昨日、三か月の定期検診の為にかかりつけの動物病院へまびこを連れていきました。
定期検診の内容は、体重測定とノミダニと回虫除けの薬投与です。最後に飼い猫の様子で気になることはあるかどうか聞かれます。今回は再び、鼻血について相談いたしました。

キャリーにはペットシートとお気に入りのぬいぐるみを入れます。
最後にまびさんに自らキャリーに入ってもらいます!

昨年の4月にまびこを飼い始めた当初、少しくしゃみが多いかなと思っていましたが、家に来て三カ月ほど経った夏頃にはおさまっていたので、原因は環境の変化から来るものと思い、様子を見ていたのですが10月頃またくしゃみを連発するようになり、その時に初めて鼻血が出でしまいました。
出血の具合は、くしゃみの際に血しぶきがプシャーと飛び散るような感じでしたので、大変驚きました。
10月の定期検診の時、鼻血のことを相談してみたところ、猫の場合は鼻炎からくるくしゃみの乱発による出血というケースも多く、特に大きな病気である可能性は低いそうです。また、うちのまびこは若いので癌が原因である可能性は低いので様子を見る事になりました。もし、出血の量が気になる場合はすぐに受診させ、必要であれば止血剤を投与ます。とのことでした。ちなみにわんちゃんの場合、鼻血は病気の可能性が高いそうです。

“スコティッシュフォールド 鼻血”で検索すると何件が記事がヒットしました。スコティッシュフォールドと出血の関係について医学的に基づいたはっきりした情報は得られませんでしたが、私と同様に出血について不安をもっている飼い主さんは多いみたいでした。

今回は、「CTで精密検査が可能です。」と言われましたが、一旦はお断りし、まずは鼻炎から来るくしゃみが治まれば出血も改善される可能性がありますので、抗生物質を注射してもらいました。二週間後にまた、薬の効果を報告しに病院に行ってきます。
また、有益な情報がありましたらお伝えします。

早く、すっきり治ればいいいなと願っております。余談ですが、くしゃみの際あの可愛らしい小さなお鼻から、大きな鼻クソが出た時は、とても驚きました。

家に帰って来てキャットタワーでくつろぎ中♪